FAQ(よくある質問)

Q1 鍼(はり)は痛くないですか?

A1 極めて細く(髪の毛位)、弾力がある鍼を使用するため、痛みを感じることはほとんどありません。しかし、皮膚の表面には痛点が無数にあり、細い鍼でもこの痛点に当たってしまうとチクッとした痛みを感じることがあります。そのため、痛点に当たっても、痛みと感じないように、刺し方や針の形状にも工夫をしています。また、刺激に過敏な方(痛覚閾値の低い状態)には、先に皮膚表面の過敏さを取り除いて、鍼が痛く感じにくい状態にしてから鍼治療を施します。なるべく苦痛の少ない治療を心がけております。

Q2 鍼(はり)の響き(ひびき)とは何ですか?

A2 鍼が最初に皮膚に刺入された時は無痛で、深く刺入された時にはじめてズーンとした重たい痛みが生じることがあります。これが「鍼の響き」と言われるもので、この感覚を心地よく感じる方もいれば、あまり好きではない方もいます。響きが苦手な方は、遠慮なくお申し出下さい。

Q3 指圧やマッサージで取れない症状が、なぜ鍼(はり)で良くなるのですか?

A3 指圧やマッサージは筋肉表面の血行を促進し、コリや痛みなどの症状を改善します。即効性があるのですが、持続効果が薄く、症状が重い方には満足のいく結果が得られない場合があります。一方、鍼は筋肉などの組織に微小の傷をつけることで、自律神経系、免疫系に働きかけ、その傷が治るまで修復機序が持続します。さらに、当院で行なっている鍼に直流電気を流す治療は、刺鍼だけの治療よりも短時間で大きな傷を作ることになり、持続効果がより大きくなります。患者様の体調、体質、ご希望に応じて刺激量を加減いたします。慢性症状は時間を要しますが、続けることにより身体の修復力・免疫力が強化され症状の改善だけでなく、体質改善も期待できます。

Q4 治療後、身体がだるくなりましたが?

A4 治療直後~翌日などに、「身体がだるい」「眠くなる」「痛みが一時的に強くなる」などの症状が出ることがあります。この症状は、「好転反応」と言い、治療に対して身体が良く反応した結果です。治療後、血行が改善され、自律神経が正常に働き出し、身体の中で修復作業が始まった証拠です。好転反応が出た翌日には症状がすっと軽くなることがほとんどですので、どうぞご安心下さい。

Q5 花粉症にも鍼は効果がありますか?

A5 当院へ定期的に通院されている患者様は、花粉症が軽くなったとよく言われます。花粉症はストレス、睡眠不足、疲労などによって頚肩や背中のコリが強くなると症状が出やすく、反対にコリが緩むと症状が改善します。症状が出始める数か月前から治療を開始されると効果的ですので、なるべくお早めにご来院下さい。

Q6 治療に適した服装は?

A6 治療着のご用意がありますので、普段のままの服装でご来院下さい。施術の際に眼鏡、アクセサリー、時計などは外していただきます。

ピックアップ記事

0d590f2d055dcd10a0d0acbe9a93141c - 第69回日本良導絡自律神経学会学術大会

第69回日本良導絡自律神経学会学術大会

2017年10月7日、8日、「第69回日本良導絡自律神経学会学術大会」が名古屋医健スポーツ専門学校(第2校舎)にて開催されました。一般口演に…

営業時間・情報

070-2632-0066
10:00~20:00
火曜定休・土日祝日も営業
ページ上部へ戻る